スバル レヴォーグ。 スバル 新型レヴォーグの期待と不安 唯一無二の高性能ワゴンに転機!?

スバル・レヴォーグはもはやステーションワゴンの枠を超えた|ワゴン|Motor

👇 北米のニーズに合わせた戦略的モデル。

2

スバル新型レヴォーグ、600km乗って実感した絶賛の理由

🐾 ワインディングや高速道路で積極的に運転したくなります。 というのも、あれだけ電子化しているのだから、 物理的にどうという話ではなくて、単にそういった設定を可能にするプログラムを組めばいいだけ、 それをしないのは、余計な信念の押し付けというか、 ユーザー目線ではない、なんでしないの???という不信感にしか繋がりません。 しかし、全体を見渡してこのクルマの完成度はこのセグメントの国産モデルでは最良という認定をしたい。

17

レヴォーグ

🤚 最高出力177ps/最大トルク300N・mを発生する、新開発1. キープコンセプトながら、大きくパフォーマンスを高めた。

1

スバル 新型レヴォーグの安全性はやっぱりホンモノ! JNCAPでほぼ満点を獲得した要因はスバルの安全思想にあった

😇 6GT EyeSight Smart Edition」に続くSUBARU60周年特別仕様車として設定される。 気持ち良いです。 静かで安定しています。

2

スバルの新型「レヴォーグ」のデジタルコクピット 「アイサイトX」仕様は超進化

😛 新開発の1. 2013年12月27日• 8Lターボに一本化される このレヴォーグが2020年後半にフルモデルチェンジを受ける。

3

【スバル レヴォーグ 新型試乗】「STIスポーツEX」は間違いなくコスパ最高の1台だ…中村孝仁

✋ 悪くないけどちょっと地味。 人の移動に関しても未だにさまざまな制約がありますが、新たな経験や体験、そして喜びや感動を得るためには必要な行為として、改めて見直されています。 前方で渋滞が始まったときのブレーキングのタイミングや強さ、再加速の自然さ、違和感のないステアリングアシストなど、アイサイトXは機能だけでなくその振る舞いでも世界トップレベルにある。

18

【愛車は色で選ぶ!】「スバルレヴォーグ」の人気カラーランキング&全カラー紹介!

😁 m01EV020• 大幅改良モデルを発表 (8月7日発売)。

14

スバル、新型「レヴォーグ」は「スバルが現在持ちうるすべての技術を結集したクルマ」 先行予約で「アイサイトX」の装着率は93%

😀 元々ナビのディスプレイに関していつも思っていたことだが、クルマの進行方向に大きくなれば、その分先が見易くなる。