T クロス。 VW 新型「T

フォルクスワーゲン T

💓 新世代技術による、質感の高い走りが高い評価を受けています。 一番小型のTクロスと、現在日本に導入されている中で一番大型のティグアンの間で、群を抜いたスポーティさを個性にしているのが「Tロック」です。 ボディの剛性感と高い遮音性があるので、コンパクトSUV以上のクルマに乗っているかのような「いいクルマ」感が味わえる。

3

フォルクスワーゲン T

✍ フォルクスワーゲンがポロをベースに開発した「T-Cross クロス 」はまさに日本市場でもヒット間違い無しの仕上がりを持っています。

17

日本の道にどストライク! VWの売れ線コンパクトSUV「T

☎ 容量自体は奥行きだけで無く左右の幅や高さも影響しますが、ほぼ同等のホイールベース 2525mm を持つライバル車と比較しても使い勝手という点ではアドバンテージがあります。 これには一般的なサスペンションのTクロスに対し、Tロックには電子制御ダンパーが最適に減衰力を調整する「DCC」が与えられていたことが効いていそうだ(Rラインに標準装備)。

13

まさに日本サイズ&ポロより出来もいいVW Tクロス。300万円切れば国産SUVが危ない(carview!)

☺ あとは、エアコンパネルのスイッチ類のチリ。

2

Tクロス/フォルクスワーゲン|クルマレビュー

😭 「素材を触ったり現場の状況を確認したりと、モノづくりをしていく上ではリモートでは対応できないことも多々あります。 それでは最低地上高を上げる必要は無いのでは?と考えるかもしれませんが、実際地上からシートまでのヒップポイント自体もフロントで約600mm 597mm 、リアが652mmに設定されていることでスッとお尻を落とすような感覚で乗降できる点は魅力的です。

【VW新型T

😂 actなのだ。

11