パナソニック 半導体 売却。 パナソニック、半導体の海外3工場をUTACに売却へ=関係筋

パナソニックの半導体事業売却、軍事技術が中国に流出する恐れ…日米安保にも波及か

😝 2010年代に入ってもやはり垂直統合の方が日本には合っているという声も強かった。 パナソニックが今後進む方向性のヒントになる。

5

パナソニック、半導体事業の売却を完了:台湾Nuvotonへ

♥ これからの3年はそのように変わる。 半導体ビジネスは、完全に価格勝負の世界となっており、業界の主役は物量で勝る韓国勢や台湾勢に取って代わられている。 PLDは茂原工場、姫路工場など複数拠点を擁していたが、業績低迷が続き、茂原工場は2012年に国策液晶パネルメーカーとして設立されたジャパンディスプレイに売却。

3

パナソニック社からの半導体デバイス事業の譲受けについて

🔥 今後、両社は、関係当局の必要な承認及び認可の取得等を条件として、譲渡に向けた準備を双方で共同して実施いたします。 日本メーカーは、米国やドイツのような高付加価値ビジネスに転換すべきだったが、多くの企業がこの決断ができず、新興国との不毛な価格競争に自らを追い込んでしまった。

パナソニック社からの半導体デバイス事業の譲受けについて

😋 1月17日、パナソニックが、東南アジアの半導体3工場をシンガポールの半導体メーカー、UTACに売却する方向で調整に入ったことがわかった。

17

パナソニックが半導体事業を台湾Nuvotonに譲渡、60年の歴史に幕:製造マネジメントニュース

👊 ・不採算品の大幅値上げ、もしくは生産中止 ・固定費(工場、人)の削減 今のビジネスモデルでは赤字からは脱却できません。

17

パナソニック半導体事業部売却で、日本はとんでもないことに!

🤐 パナソニックは2019年11月28日に、100%子会社のパナソニック セミコンダクターソリューションズ(以下、PSCS:京都府長岡京市)を中心に運営していた半導体事業をNuvotonへ譲渡することを発表。 液晶パネルに続いて半導体事業からも撤退 パナソニックは2019年11月21日、2021年をメドに液晶パネルの生産を終了し、同事業から撤退する方針を明らかにした。 アップルやグーグル、世界で輝くブランドはみなBツーC。

14

半導体事業を捨てたパナソニック、どこへ行く?(津田建二)

♻ しかし、半導体市場は競合関係の激化に加え、投資の巨額化、業界再編などが加速しており、今後の事業拡大のためには、新たな枠組みが欠かせない状況となっていた。 世界の人に売れるものを作らないと、大きな夢を描いても、より大きな夢を描いた人に取って代わられる。 なぜか。

8

【半導体撤退&売却】今後のパナソニック半導体はどうなるのか解説

⚡ まず譲渡前にPEMJ傘下で半導体関連の設計、開発を行うパナソニック デバイスシステムテクノと、半導体関連の技術業務請負を行うパナソニック デバイスエンジニアリングを、PSCSに承継する。 2010年代に入ってもやはり垂直統合の方が日本には合っているという声も強かった。 複数の関係筋によると、UTACに売却するのは、半導体の組み立て工程で、インドネシア、マレーシア、シンガポールの3工場。

【半導体撤退&売却】今後のパナソニック半導体はどうなるのか解説

📱 これからも時代に合わせて、自ら変化を続けたい。

3